美味い!新鮮な「ボラ♪」刺身、にんにく漬け、ヘソの塩焼き3品のおつまみレシピ

こんにちは〜〜

今日は鮮度の良い「ボラ」と「ボラのへそ」を買ってきましたので「お刺身」「にんにく漬け」「へその塩焼き」を作りましたので紹介します。

なんか、聞くところによるとボラッて臭いイメージを持ってる方が多いみたいで、僕の周りの人もSNSのフォロワーさんも「刺身で食べるの?」ッて思ってる方が少なくありません。

でも、実際鮮度の良いボラは本当に甘みがあってめちゃくちゃ美味しいので是非食べてみてほしい魚です。

美味しいボラの見分け方

僕はあまり気にせず魚屋でボラを買ったんですが今回、SNSへボラの写真を載せたところ「鮮度がいいですね〜〜」って言う方がいました。

ちなみにこの写真を載せました↓↓

なぜ鮮度がいいかわかるの?って聞いたところ鮮度が悪くなるにつれて身が白く変色してくるとのこと。

身が透き通ってると鮮度がいいってことなんですね〜

勉強になりますね!魚選びが楽しくなります。

ボラ3品のレシピ

さて、そんな鮮度の良いボラで作った「刺身」「にんにく漬け」「へその塩焼き」の3品はコチラ↓↓

まず、刺身ですが、切って盛付けるだけです。

漬けの作り方は、刺身に切った身をジップロックへ入れ醤油、みりん、酒を各大さじ1、刻んだにんにく1かけを入れ2時間ほど冷蔵庫で漬ける。

お皿に取り出して、卵黄を垂らしてミョウガ、大葉、ネギなどの薬味をお好みで散らせば完成です。

次にボラのヘソ塩焼き

フライパンに油をしいて色が変わるまで炒める

味付きの塩胡椒をお好みで振って焼き上げれば完成です。

3品の味の感想としては

ボラの刺身」は、全く臭みもなく甘みがじゅわ〜〜っと広がります。白身ですが、多分他の白身の魚が食べれなくなりますのでご注意下さい。

にんにく漬け」は、刺身に比べて少しモチモチした食感に変わります。にんにくの香りと薬味との相性が良く毎日でも食べたくなる飽きの来ない味です。

ボラのへそ塩焼き」は、ネットで見てみると鶏の砂肝に似てるッてことですが、砂肝と豚トロとミノを掛け合わせたイメージ?です。多分知らずに食べた場合、魚ということに間違いなく気付かないと思います。もちろん臭みも全くありません。

滅多に出回らない食材だけに機会があれば是非みなさんにも食べてもらいたいですね!

では、今日も乾杯です!

また更新しますのでよろしくお願いします!!(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です