【簡単】誰でも家庭でシビレる本格「にんにく増し増し旨辛麻婆豆腐」⑤ステップ

こんにちは。レシピをご覧いただきありがとうござます。

僕はにんにくをガッツリ効かせた麻婆豆腐が大好きです〜〜。

にんにくの香りと旨味溢れる辛さが病みつきになって食べ始めると本当に止まらなくなります。

この悪魔のような?天使のような?麻婆豆腐を手軽な市販材料を使い、料理が苦手な方でも家庭で簡単に作れるようになるべく分かりやすく5つのステップにまとめてみました。

本格麻婆豆腐の作り方⑤工程

①旨辛ミンチ作り

(火力:弱火〜中火)

フライパンに油をしき、豚ひき肉100gを入れ炒める。豚ひき肉の色が変わって、臭みが無くなり、美味そうな匂いがするまで炒める。

炒めた豚ひき肉に、刻んだにんにくを加え豆板醤、甜麺醤、粉唐辛子、サラダ油を各大さじ1ずつ加え、にんにくの香りがするまで炒める。

②麻婆豆腐ベース作り

(火力:弱火〜中火)

にんにくの香りがしてきたら水150ccを加え食べやすい大きさに切った木綿豆腐を入れブラックペッパーを少々加え優しく混ぜ合わせる。

③味の調整

(火力:弱火〜中火)

豆腐が温まってきたら味覇、豆豉、料理酒、醤油を各小さじ1。刻んだにんにくの芽、青唐辛子を加え炒める

④とろみをつける

(火力:弱火)

火が通ったら弱火にして水溶き片栗粉を少量ずつ加えながらとろみをつける。水溶き片栗粉を加え過ぎると玉になったり、固まりすぎるため注意。また、とろみをつけたら味の調整はできません。

⑤仕上げる

(火力:中火〜強火)

最後、とろみがついたらラー油大さじ1を加え強火にしてラー油を焦がすイメージで全体的に火を通せば完成。

補足

温泉卵や、山椒をトッピングすれば更に美味しくなりますよ。

最後に

最近はスーパーで様々な麻婆豆腐の素が売っていて、誰でも簡単に美味しい立派な麻婆豆腐が作れる時代です。だけど市販の麻婆豆腐を食べていく中で、辛さがイマイチだったり、肉の量が不満だったり、刺激が足りずに色々とアレンジを繰り返している方ッて割と多いと思います。

その結果、本格麻婆豆腐の作り方をググって調べてみると「四川風」とか「名店の味」とか「コツ」とか「ポイント」などのよく分からない単語なテクニックがズラりと並びます。

またそれらの作り方も複雑でとても長い。

そもそも、ほとんどの方は本場の四川料理も名店の味もよく分からないのでただただ難しそうだと感じてしまうだけのような気もします。

だから、きっと「自宅で本格的な麻婆豆腐を作りたい」ッて思って調べてみた方々の中にも僕と同じように「難しそう」「めんどくさそう」と感じチャレンジすることをやめてしまった方もいるんじゃないのかな??

もしくは、「簡単に作れる」ッて思って簡単に作ってみたのはいいけど美味しくなかったッて方もいるのかな??ッて思いました。

だから僕はそうゆう気持ちから、

  • 余計な説明をなるべく削減
  • 難しいテクニックやコツも不用
  • 作業ステップをなるべく削減

この3つのポイントを意識し、料理が得意じゃないような人でもなるべく簡単に痺れる辛さを楽しめる美味しい麻婆豆腐が作れるようにレシピを超わかりやすく⑤工程にまとめました。

(もちろん特殊な調理器具も必要なく、フライパンどガスコンロがあれば作れます。)

辛い食べ物が苦手な方は残念ですが、激辛大好きッて方々には絶対オススメです!!

準備材料

  • 木綿豆腐1丁
  • にんにく4〜5かけ
  • にんにくの芽4〜5本
  • 豚ひき肉100g
  • 豆板醤
  • 甜麺醤
  • 粉唐辛子
  • ブラックペッパー
  • 青唐辛子
  • 醤油
  • 味覇
  • 豆豉
  • サラダ油
  • 片栗粉
  • ラー油
  • 花椒塩

最後まで長い文章を読んでいただきありがとうござます。また更新しますのでよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です