加熱時間はどれぐらいが美味い?酒飲みの最高の肴「マンボウの腸」の湯引きポン酢

こんにちは。

今日はマンボウの腸を湯引きしてさっぱりポン酢で晩酌しました。なんか鶏肉のような見た目ですが弾力があって旨味が凄いです。

過去にマンボウの腸を湯引きして酢味噌で食べたり、串焼きにして食べましたが湯引きにする際の加熱方法が詳しく書けてなかったですね。

ちなみに過去のレシピはこちらですので参考にしてみて下さい。

マイワシとマンボウの腸串焼き

マンボウの腸!(ホルモン)の美味しい食べ方

今回はマンボウの腸を食べる際の下処理や加熱時間について割と?分かりやすく書きたいです。

まずマンボウの腸を綺麗に水で洗って下さい。

マンボウの腸は内臓ですので鮮度が大事です。冷凍保存もできますが、なるべく状態の良いうちに調理して下さい。

滑りや臭みが気になる場合は塩で軽くもみ洗いして酒に漬けると気にならなくなります。

次に鍋にマンボウの腸が浸かる程度の水を沸騰させマンボウの腸を入れます。

加熱時間は1分がオススメです。牛ミノのような弾力のある身なのでレアっぽい方が美味しいです。気になる方は2分ぐらい加熱してしっかり火を通して下さい。

次に氷水の中へ入れてしっかりと冷やします。

水気を拭いて薄切りにして盛り付ければ完成です。

薬味たっぷりポン酢醤油で乾杯です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です