酢締めしたコノシロの保存期限は?旨さ広がる絶品「コノシロ」の酢締めレシピ

こんにちは!

今日は「コノシロ」ッて魚を酢締めにしました。ちなみにコノシロはコハダが成長した魚のことです。コハダは寿司ネタとして大人気ですが、コノシロはあまり見たことないですね。

地域によっては雑魚と言われて毛嫌いされてるみたいですが・・・

そんな不人気の?コノシロですが実はコハダに負けないぐらいとっても美味しい魚です。

爽やかでクセがなく、口の中でほんのりと広がる甘さは絶品で、日本酒や焼酎など、お酒おつまみにぴったりですよ。

コノシロ酢締めの作り方

コノシロのウロコをしっかりとり3枚におろし、中骨を抜いて取り除く。これをやらないと骨が残って、食べるときに危険です。細い骨は酢で締めたときにある程度柔らかくなるので指で触って分かる程度の太い骨を除去してください。小骨が多いところがコノシロのいいところなので。

ポイントはウロコをしっかりとること。触って感じる太い骨を取るこの2つ。

次にたっぷり塩をまぶして30分ぐらい冷蔵庫へいれときます。すると、コノシロの余分な水分が抜けて旨味がぎゅっと凝縮されます。

水気が出て溜まってるのわかりますか??

長時間塩に漬けすぎると塩が入りすぎて塩辛くなりますので漬け過ぎには注意下さい。

次に水で塩を流してキッチンペーパーで綺麗に拭き取ります。塩が残ると味が変わりますので手際よく綺麗に洗い流して下さい。

次に、米酢と砂糖、昆布を混ぜた液にコノシロを入れて30分ぐらい漬け、取り出して冷蔵庫で更に一晩漬ければ完成です。酢に長時間漬けると味が濃くなりますので20分から30分で取り出しましょう。

後は盛りつければ乾杯の準備完了です!

保存期限は?

コノシロの酢締めの場合、冷蔵庫で1週間ぐらいは美味しく食べれます。大漁にある場合でもある程度保存できるので大量消費にもオススメですよ。

余った場合は、大葉で挟んで押し寿司にしてもとっても爽やかな酒のあてになりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です